会社概要

代表挨拶

日本の発展は物創り。その基になる金型創りで日本を伸ばそうと志し、有限会社長岡金型製作所
(現在:株式会社長岡金型)を1975年に設立しました。創業以来、弱電、OA、通信、自動車、医療関連部品など、幅広い分野の精密金型を製造してまいりました。
使用用途、目的などを考慮し自社の特殊機構設計を生かしながら、他社ができない難題、コスト、品質耐久性をクリアする事がお客様の満足につながり、また最高の仕事のやりがいであると感じています。
私達のつくる製品は、日常の中ではほとんど目に触れることのない工業部品ですが、その金型なくしては私たちが日常で使っている製品はできません。質の高い金型は質の高い製品を生み出し、 私達の暮らしをより豊かにしていける可能性を持っています。
私達社員一同は、良き金型をつくることで日本の発展に貢献できると信じ、複雑化・多様化する時代のニーズに応えるべく、技術と品質の向上に挑戦しつづけ、懸命の努力を続けてまいります。

会社概要

社名
株式会社長岡金型
代表取締役
髙坂 康三
所在地
新潟県長岡市西陵町2674番地31
設立
昭和50年8月1日
資本金
1,000万円
従業員数
35名(パート含む)
事業内容
プラスチック金型設計・製造
プラスチック製品成形・量産
製造内容
電気・電子機器用部品
医療関連製品
自動車部品
ロボット関連部品
その他産業用部品 etc

沿革

1975年8月  有限会社 長岡金型製作所を設立
1979年4月  新潟県長岡市大島に本社工場を設立
1988年2月  射出成形機導入・成形事業開始
1988年5月  株式会社 長岡金型に社名変更
1989年1月  本社工場を増設
1995年8月  成形工場を長岡市宝地に移転
2007年3月  本社工場・成形工場を統合して雲出工業団地に移転
2018年11月 事務所兼金型工場を増設

沿革